おつまみ

チーズに含まれる栄養成分

美味しくて体にもいいと言われるチーズですが、具体的にはどんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
もっとも特徴的な成分としては、カルシウムとビタミンB群があります。
牛乳に含まれる成分が凝縮して含まれたといわれるチーズには、なんと牛乳の10倍ものカルシウムが含まれています。
そして、このカルシウムは、同じく含まれる上質なたんぱく質のおかげで、吸収が促進されて、大変取り込みやすい形になっているので、吸収率が小魚や野菜の2倍となっています。
さらに、ビタミンB群の代表的なのがビタミンB2ですが、これには、脂肪燃焼を促す働きがあります。
そのため、ダイエットにも効果的な食材とされるのです。
この2つは、現代の日本人で不足している成分トップ2なのです。

ほかには、先に述べたたんぱく質があります。
チーズのこれは、元々吸収されやすいアミノ酸の形になっているものが多く、すぐに体内に吸収されるようになっています。
つまり、カルシウムに働きかけるたんぱく質ですが、それ自信も摂取した後に、採り入れやすくなっているのです。
さらには、気になる脂肪分ですが、これは、かなり小さな球状態の脂肪酸として含まれており、これもまた、吸収されやすいのです。
そのため、肉となり脂肪となることは心配するほどではありません。

牛乳には含まれる乳糖という成分ですが、熟成・発酵する過程で、分解されてしまうため、チーズには含まれません。
これは、お腹のゴロゴロの原因となる成分のため、牛乳を飲めない人でも安心してチーズは食べられます。
また、含まれない成分として、食物繊維やビタミンD、鉄分などがありますので、これらを多く含むものと同時に食べるとさらに効果的です。

また、種類や味のバリエーションが大変たくさんあるチーズですが、種類ごとで栄養成分は異なるのでしょうか。
これについては、ほぼ変わらないと言ってもいいです。
含有量が多い、カロリーが高い、というイメージのあるものもありますが、それらにしても、食べる量はごく少量のため、結果的には摂取した成分量は変わらなくなるのです。


このページの先頭へ