おつまみ

チーズの栄養素でダイエット

チーズという食材は、日本人が不足しがちなカルシウムをはじめ、たんぱく質、糖質、ビタミン、ミネラル、脂肪といった身体を作るのに必要な5大栄養素など、重要な栄養素をほとんど含んだ高栄養価食材なのです。
そして、脂肪の燃焼を促してくれるビタミンB2を多く含みます。
脂肪が多いように感じられますが、チーズの脂肪はかなり小さな脂肪球でできていて、簡単に体内に吸収され、満腹感を得られやすく、今、ダイエットに効果的な食材としても注目されているのです。
効率的に脂肪を分解・燃焼し、腸の働きもよくしてくれる栄養素であるビタミンB2が、チーズの主な栄養素のひとつなので、痩せるだけでなく、痩せやすい身体に内側から改善していくことも期待できるのです。
便秘体質の人が痩せにくいのは、排便とダイエットには深い関わりがあり、腸の動きを活発にすることが非常に効果的に痩せられる方法として挙げられます。
そのため、この効能を持つビタミンB2を持つということは、ダイエットにとって最適な食材ということになるのです。

栄養が偏ったり、体調不良になりがちなダイエットですが、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAの効果で美容にも効果的で、見た目も健康的になります。
肌のはりやツヤにも効果があるので、アンチエイジングでも注目される栄養素にもなります。
また、発酵食品という特徴から、この酵素の働きで必要なたくさんの栄養素を体内に吸収しやすくしてくれるのも魅力のひとつです。
ただ、食べるだけで、勝手に吸収されやすい形で体内に入ってきてくれる食材なんて、他にはないかもしれません。
それほど、高い栄養を取り入れやすい性質を持つチーズは、もっとこの分野で注目されていいような気がします。

以上、見てきたように、高カロリーだと思ってついつい敬遠しがちなチーズですが、実はダイエット中にむしろ食べることをおすすめしたい食材だということがわかります。
ただし、唯一、ビタミンCと食物繊維が含まれないという点が注意しなければならない点です。
これだけ食べていれば身体にいいというわけでなく、できれば野菜と一緒に摂取するとなおいいでしょう。



このページの先頭へ