おつまみ

チーズの具体的な種類とは

様々な料理に使われるチーズですが、その種類は実に豊富です。
そのため、どれがどんな味で、どんな食べ方がいいのかということを把握するのもなかなか大変です。
ここでは、チーズの具体的な種類別に、おすすめの食べ方をご紹介します。

まずは、大きく分けて、ナチュラルチーズとプロセスチーズがあります。
市場でよく見かけるのがプロセスチーズで、これは、ナチュラルチーズを加熱し、溶かして、調味してまた固めるということにより味を一定なものにし、保存期間を長くしています。
これは、そのままお菓子感覚でカルシウム補給に食べるのが一番です。
そして、ナチュラルチーズは、生きた乳酸菌により、食べるまで発酵が進み、熟成され続けています。
つまり、食べ頃や味もその時その時なのです。
また、作り方の違いで、7つの種類にさらに分けられます。

フレッシュタイプ。
これは、ヨーグルトに似ていて、熟成を加えずに、発酵させて作るタイプです。
大きな違いは、乳清(ホエー)をこすということでしょう。
代表的なのがモッツァレラで、ピザなどに使うと低カロリーになっておすすめです。
瑞々しくもの浅い味わいが特徴です。

白かびタイプ。
これは、白かびの表皮で熟成が進むタイプです。
独特の風味が生まれ、たんぱく質はアミノ酸に分解されます。
カマンベールなどがあり、ちょうどよい塩気なのでそのままでもクラッカーに載せてでも、美味しく食べられます。

青カビタイプ。
これは、青いカビ混ぜたり植え込んで熟成させるものです。
少し強い塩気と、独特な風味が特徴です。

ウォッシュタイプ。
熟成過程で、外皮をアルコールで洗うことからこの名が付きました。
固い外側と違って、中は柔らかくクリーミーかつ濃厚で、ほどよい塩気のする深い味わいです。

シェーブルタイプ。
山羊の乳で作るチーズで、とても濃厚です。
セミハードタイプ。
牛乳を固めた後、細かく切ってさらに固めたものです。
代表的なのが、ゴーダです。
最後のハードタイプ
一番保存期間が長く、水分の少ないタイプになります。
パルミジャーノ・レッジャーノなどがこれで、サラダによく合います。
以上、基本的には柔らかいものはそのままに、固いものはサラダにかけて食べることがおすすめです。


このページの先頭へ