おつまみ

カロリーが気にならないチーズ

お酒を飲むのはほとんどが夜ですね。
そして、その際には基本的にはおつまみなどの何かしら食べ物を一緒に食べます。
となると、夜ご飯以降ぐらいの時間に、夜食のような形で何かを食してしまうということになります。
どうしても断れない飲みのお誘い以外にも、最近流行りの女子会や合コンなどなど夜こういった場はいくらでもあるでしょう。
この時間帯だけでも不摂生であり、健康にはよくないのですが、それだけでなく、ここで高カロリーや高コレステロールのものなどを食べてしまっては、健康に被害が出てしまう可能性は大いにありますよね。

そこで、こんな時に、できるだけカロリーを気にすることなく、お酒の肴として食べられるものがあります。
それは、とても意外に思われれるかもしれませんが、チーズです。
チーズと聞くと、グラタンやピザなど高カロリーなイメージですね。
しかし、チーズ単体で見ると、実に豊富な栄養素を含んだ健康に働きかけてくれる食材であるだけでなく、少量食べただけで満腹感を得られたり、味がしっかりしているため、お酒の肴程度であれば、ちょっとづつ食べることで十分になります。
つまり、基準とされる100gというのは、およそご飯1杯程度より少し少ない程度なのですが、そんなにもチーズを食べる人はいないわけで、そうなると、摂取されるカロリーは気にするほどではないということになるのです。

そんなチーズですが、それでもお酒が進んでどんどん食べてしまうとか、ちょっとでもやっぱり気になるという人もいるでしょう。
そういう人には、とにかく低カロリーなカッテージチーズがオススメです。
他のチーズと比べたら、味の深みやクリーミーさなどはなく、淡白な口当たりにはなりますが、これと、カロリーもその他不健康要素も気にしなくて良い野菜と一緒に食べることや、カロリーの少ないカシューナッツなどのナッツ系と一緒に食べると、コクがプラスされて、つまみとしての深みが増します。
これなら、心の底からカロリーを気にせずに楽しめます。


このページの先頭へ