おつまみ

カロリー量が少ないチーズ

グラタン、ピザ…チーズの使われる料理をイメージすると、明らかに高カロリーな食事ばかりが思い浮かび、必然的にカロリーの高い食材であると思ってしまうでしょう。
しかし、実は、このチーズ。
多くの栄養素を含んでいる健康食材であることや、意外と低いカロリー事情など、驚くべき事実がたくさんあるのです。

ご飯1杯分およそ100gで170kcalと言われていますが、そもそも、チーズを100gも食べようと思ったら結構頑張らないといけませんよね。
つまり、もうそこからカロリー計算が間違っているのです。
最もカロリーの高い種類がチェダーチーズやパルメザンで400~500kcalとされています。
このハードタイプは、水分量が少なく、その分凝縮されているために必然的にカロリーが高くなるのですが、実際にご飯1杯分も食べられるわけがないタイプなので、せいぜい20gそこらです。
そのため、実際は100kcal程度で、ご飯のカロリーよりも低くなります。
また、クリームチーズなどのフレッシュタイプは、水分が多く食べやすいのでわりと量を食べてしまいがちですが、そもそものカロリーが300kcal前後と低いので、結局のところあまり差はなく、そこまで気にする高カロリーな食材ではないことがわかります。

そして、量など関係なく、断トツで低カロリーなチーズも存在します。
それが、カッテージチーズです。
このタイプは、100gでおよそ100kcal、つまり、20gならたったの20kcalしかないということになります。
水分量が少なく、パサパサとした食感のタイプにはなりますが、十分なコクを感じることができます。
これをサラダなどの日々の食卓に加えるだけで、料理にコクがプラスされるだけでなく、カロリーも気にせずにたくさんの豊富な栄養素を取り入れることもできるのです。
吸収されやすい脂質のおかげで、少ない量でも満腹感を得ることができるため、ダイエットにも向いているチーズの中でも、この低カロリーぶりは最もダイエット向きのチーズと言えるのではないでしょうか。


このページの先頭へ