おつまみ

コクの印象が高いチーズ

チーズには大変たくさんの種類があります。
どれも全て、少し食べただけで満腹感を与えてくれる要素はあるのですが、それぞれ口当たりや味の印象も様々です。
そのため、一口にチーズを好き、または嫌いだという人も、色んな種類を試してみると、自分好みのものに出会うことができるかもしれません。

そんなチーズですが、通の人やわりと本気でチーズが好きな人に好まれるのが味のコクです。
チーズフォンデュに使ったり、サラダやパンに加えたり、スープなどに調味料として使ったりする際にも旨味としてコクが必要になるでしょう。
そんなコクのある種類には、どんなものがあるでしょうか。

まず、最もコクが強くクセがある種類として、ウォッシュタイプが挙げられます。
なんといっても強い匂いが特徴の熟成されたタイプなのですが、固く匂いの強い外皮と打って変わって内側の中身は柔らかくコクがあって大変味わい深いものになっています。
モンタナール、ブランといったものが代表的になります。

次に、ハードタイプと呼ばれる水分の少ないどちらかというとパサパサとした特徴のものが、コクがあります。
長期保存が可能なのも特徴です。
豊富なたんぱく質がアミノ酸に分解されることで風味豊かなコクが生まれたものです。
よく聞くパルミジャーノ・レッジャーノやエメンタールなどがこのタイプになります。
チーズフォンデュにはこのタイプが好んで使われます。

そして、これもまた匂いに特徴があるのですが、青カビタイプもコクの有るチーズとして挙げられます。
見た目も“カビ”の印象が強いので、初心者には強敵かもしれませんが、好きな人にはたまらない塩気と風味のあるコクのあるタイプです。
ゴルゴンゾーラやロックフォールが有名です。

他にも、シェーブルタイプという少し珍しいタイプのものにもコクがあります。
一般的には牛乳が原料なのですが、このタイプは山羊乳で作られます。
繊細な味わいが特徴で、上質なたんぱく質ゆえのコクが美味しさの秘密です。


このページの先頭へ