おつまみ

メチオニンを含んだチーズ

肝機能の低下が気になる、うつ病やアレルギー症状が気になる、発毛や育毛効果が欲しい。
こういった悩みに効果的なのがチーズに含まれるメチオニンというアミノ酸なのです。
チーズに含まれるこのメチオニンとは、硫黄を含んだ含硫アミノ酸というもので、これは必須アミノ酸のひとつです。
そして、これは、体内では生成されない食事などから摂り入れなければならないアミノ酸なのです。

このメチオニンの働きに注目すると、その効果がわかります。
まずは、肝臓で毒素や老廃物の排除や代謝を促すという働きです。
また、脂肪に対して、水に溶けやすくする乳化という働きもします。
このため、脂肪肝などの肝機能の低下を防ぐことができます。
このことから、これの進行によって起こる肝硬変や動脈硬化のリスクも下げることができるのです。
ただし、この働きがあるため、アルコールを大量に摂取すると、ここでメチオニンが大量に使われてしまい、不足することになるので、気をつけましょう。
次に、アレルギー症状を引き起こす原因となるとされる、ヒスタミンという体内の化学物質の血液中の濃度を低下させるという働きです。
ヒスタミンは、主にかゆみや痛みの伝達物質のため、アレルギーによるその症状を抑えることができるのです。
また、アレルギーそのものの発生を抑制することも期待できます。
そして、うつ病に即効性のあるセトロニンやドーパミンなどといった脳内の物質の材料にもなってくれるため、有効です。

さらに、働きとして注目されるのが発毛・育毛効果です。
これは、主に抜け毛や薄毛防止ということなのですが、メチオニンが不足すると、この薄毛などの症状が出ることがわかっています。
そのため、メチオニンを増やすことで、これを防止できます。
髪を構成するアミノ酸の中でもっとも重要なものがメチオニンと言われているのです。
このように、たくさんの体にとって重要な働きをしてくれるメチオニンが含まれるチーズを食べることは、これだけの効果をもたらすことに繋がるのです。


このページの先頭へ