おつまみ

チーズの内臓脂肪への影響

メタボリック・シンドローム。
少し前から、健康診断でもその数値が測定されるようになった一種の生活習慣病ですが、これに深く関係しているのが内臓脂肪です。
医学的にはスキャンしなければ見えないという、つまんでわかる脂肪とは別物で、さらにはそちらの脂肪の方が減らしにくいという厄介なものです。

そんな内臓脂肪の話で、いかにもカロリーや脂肪率の高そうなチーズが出てくるのか?と思うでしょうか。
しかし、驚くことに、チーズにはこの内臓脂肪を減少させるという効果が期待できることがわかっているのです。

その仕組みを少しみてみます。
まず、内臓脂肪と切っても切れない成分である「アディポネクチン」というものが深く関係してきます。
これは、たんぱく質の一種なのですが、これが血液中に正常な値で存在していれば、中性脂肪やコレステロールが酸化して壁に張り付いてしまったものを処理することができます。
しかし、処理能力を上回るほどに内蔵脂肪が増えてしまうと、なんとこのアディポネクチンの量が今度は減少してくるということが起こります。
そうなると、もう処理すらすることができなくなってきます。

そこで登場するのがチーズです。
ラットを使った実験がなされた結果、このアディポネクチンが正常な値を保つ働きをするということがわかったのです。
そして、もちろん、内蔵脂肪は減少し、中性脂肪やコレステロールの値も減少しました。
これが、人にも当てはまるとなれば、チーズを食べることで、内蔵脂肪を減らすことができるのです。

この実験結果を知っても、なかなか信じがたいかもしれません。
イメージとしては、中性脂肪やコレステロールが逆に増えそうですからね。
しかし、実際に見てみると、カロリーをとってみても、バターのおよそ半分しかないうえ、チーズの半分は水分なのです。
そして、多いように見える脂肪も、とても小さな球体の構造なので、非常に身体に吸収されやすく、分解されやすいものなのです。


このページの先頭へ