おつまみ

お酒の肴にはチーズが相性がいい

お酒を飲む場で、欠かせないのが酒の肴、いわゆるおつまみです。
味がしっかりとしていて、食べやすいものが好まれます。
また、例えば、一人で静かにBARで飲む時、大人数でわいわい楽しく居酒屋で飲む時、パーティーなどで立食形式で飲む時、こういった様々なお酒の場でも、必ずおつまみはつきものです。

さて、そんな様々なシーン全てに登場すると言っても過言ではないものがあります。
それが、チーズです。
それ自体にしっかりと風味豊かで塩気のある味わいがついていて、クラッカーなどに乗せて食べるスタイルだったり、そのままをちびちび食べるスタイルだったりと色々と楽しめるのが特徴です。
そのため、どんなシーンにも使いやすく、多くの人に好まれています。
一般的には、チーズによく合うお酒の種類としてワインが挙げられますが、実はビール、日本酒、焼酎などそれぞれのお酒に合わせて食べられるほどに種類と味のバリエーションが豊富なのも魅力なのです。
例えば、ビールにはスモーク、焼酎にはミモレットなどもおすすめですし、日本酒にはどのチーズも意外と合います。
パサパサとしたウォッシュタイプだと、お酒を欲しくなってどんどん進みますし、フレッシュタイプのような柔らかくて水分の多いものだと、スローペースで楽しむこともできます。

そして、チーズは、ただそれがおつまみとして合うということだけでなく、酒の肴として相性抜群である理由がもうひとつあるのです。
それが、お酒に酔いにくくなるということです。
正確には、おつまみとしてというよりも、お酒を飲む前に食べておくのが最も有効的なのですが、食べながら飲むということでもアルコールの吸収を遅らせることができるので、効果があるのです。
これは、チーズが脂肪分を含んでいることに関係があります。
この脂肪分が、胃の粘膜を保護してくれる働きがあるのです。
そのため、アルコールが吸収されすぎて酔いが回ることを防げるのです。
美味しく食べられるうえに、酔いすぎを防止できる酒の肴としてうってつけということです。

このページの先頭へ