おつまみ

脂肪燃焼をさせるチーズ!?

チーズを食べて、痩せやすい体を手に入れられると聞いたら、信じられるでしょうか。
普通、逆に太るだろうと思ってしまうでしょう。
ところが、チーズには驚きの脂肪燃焼効果があったのです。

それは、チーズに含まれているビタミンB2という成分が大きく関わっています。
ビタミンと脂肪に関係があるということ自体、まず驚くかもしれません。
この、ビタミンB2は特殊な役割を持っていて、体内にある脂肪を分解し、燃焼する役割を担っているのです。
この他にも、免疫力を高めたりと、美容効果もあるこの成分ですが、この効果により、摂取するだけで脂肪を燃焼してくれるため、メタボリック・シンドロームなどの生活習慣病にも非常に効果的になる他、ダイエットにも最適です。

さらに、チーズには多くの脂肪が含まれています。
これにより、太りやすいイメージがついているのでしょう。
しかし、この脂肪分は、とても小さな球体でできていて、さらには同じく含まれるたんぱく質の消化を促す働きによって、とても吸収されやすい形で身体に取り込まれます。
そして、ビタミンBの効果で吸収が良く、吸収されてすぐにエネルギー源に変わり、逆に脂肪の燃焼を助ける働きをするのです。
つまり、脂肪を取ったはずなのに、脂肪を消してしまっているのですから驚きです。
そして、これが繰り返されることで、身体の仕組み自体を変化させ、脂肪を燃焼しやすく、痩せやすい、太りにくい身体を作ることができる可能性があるのです。
よくよく観察してみると、チーズを食べている人の方が痩せている人が多いという発見もできるかもしれません。

このチーズを使ったレシピには様々ありますが、脂肪燃焼に特化してみると、同時に摂ると好ましいトマトと合わせて、脂肪燃焼スープといったものも効果的でおすすめです。
ビタミンB2は水溶性なので、水に溶けやすいのです。
そのため、スープ仕立てにすると、最も吸収されやすい形で取り込むことができるのです。

このページの先頭へ