おつまみ

チーズでは取れない栄養素

今、完全栄養食品とまで言われ、栄養バランス食材として話題になっているのが、チーズです。
カロリー、コレステロールが高そうで、お酒のつまみなどのイメージが強いのですが、身体を作り、整えるのに必要な栄養素がかなり豊富に、しかもバランス良く含まれているうえに、イメージより断然カロリーやコレステロールについても心配ないのです。

それでは、これさえ食べれば足りない栄養素を補えるのかというと、実はこのチーズにも含まれていない重要な栄養素があるのです。
それは、炭水化物、ビタミンC、食物繊維、ビタミンD、鉄分です。
チーズが網羅している栄養素もそれぞれ役割を持った5大栄養素を含めた重要なものですが、この不足している栄養素もまた、人にとって不足すると困る重要な栄養素なのです。

まず、炭水化物。
まぁこれが含まれていないということは想像がつくかもしれません。
代表的なのがご飯やパンですね。
いわゆる主食に含まれているもので、身体や特に脳の大切なエネルギー源となります。
そして、ビタミンC。
これは、ビタミンの中で最も働きが多い成分で、例えば、丈夫な骨を作ったりするコラーゲンを合成したり、ストレス緩和に役立ったり、風邪予防になったり、シミやそばかすを防いだりといった働きをします。
また、食物繊維には、身体に不要な老廃物を排出することを助ける、いわゆる整腸作用などがあります。
ビタミンDは、血液中のカルシウム濃度を保つ、つまり骨を丈夫にする働きがあります。
最後に、鉄分は不足するとあちこちで不具合が生じてしまう大変重要な成分で、主に酸素を体中に送る働きをしています。

それでは、チーズに足りないこれらの栄養素を補うにはどうしたらいいでしょうか。
それは、これらを多く含む食材を一緒に食べればいいのです。
例えば、食パンに乗せて…。
またはサンドイッチ(チーズも野菜もパンも取れますね)。
あとは、チーズドレッシングをサラダにかけるのもおすすめですし、一緒に果物ジュースを飲んでもいいでしょう。
これらを合わせて、うまく栄養素を補い、完全栄養バランスを目指しましょう。

このページの先頭へ